Scrap House Diary

scrapdiary.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:トライアル( 43 )


2012年 02月 02日

今年 初のり

寒い朝でした  出かけようとフト外を見ると雨
一瞬 しぼんでいく 気持ち
午後から持ち直すという予報で気持ちを奮い起こし出発

現地は2人だけでしたが  ひとり また ひとりと続々と増えていきます

こんな 寒い日に バイク乗って遊ぶ
「そんな酔狂な・・・」と思われるかも
ところが 乗ってるうちに 寒さは忘れ 
Tシャツにはしっかりと汗!
トライアルは「スポーツ」です

午前中は ZZ師匠のもと 2段斜面上がり
ぶら下がってしまう悪癖がどうしても出る・・・
これの矯正に一苦労
1ヶ月以上のブランクを実感

昼からは キツめのキャンバーターンと
ステアからの グリップしづらい登り斜面の練習
写真と動画を少々撮りましたので
スライドショーにてまとめました
You Tube 一応非公開設定にしましたが
問題があれば削除しますので その場合は申しつけ下さい



最後に どうにも出来なかった右回りのキャンバーターンの集中練習

d0236674_0221211.jpg

 
左側 2本目の木をクルリと回りながら登るのがスゴク下手
20回くらい失敗して 奇跡の成功
イメージを定着しながら ひたすら反復・反復
5回に1回くらいの成功率までいったか

寒いけど行って良かった トライアルは「楽しい」
[PR]

by ScrapHouse | 2012-02-02 00:26 | トライアル
2012年 01月 24日

2012 BETA EVO クラッチ軽量化

人差し指一本で操るには少々重たいクラッチ
senvireさんから耳よりの情報を受け 実践してみます
まず、現状をバネばかりで測定
測り方で数字は移ろいますが、握ってキープした状況を想定 
d0236674_18142933.jpg

3kgってところ

まず クラッチカバー開けて
スプリングを留めてるボルトを外す
チョイチョイと組み直すのみ
d0236674_18295240.jpg
d0236674_18302914.jpg


再び測ってみると
d0236674_18314791.jpg

2kg弱! 効果アリ!! 体感も全く違う
ただし 滑り等 保証はできません 


興味深いので TYも測ってみます      3kg
d0236674_18355031.jpg



BETA ツインショックは 4kg弱
d0236674_18365063.jpg



500SSにいたっては              驚きの 9kg弱 これほどか
d0236674_18375562.jpg



さて、明日は初乗り
8セクション コンペスタイル 楽しみ楽しみ
[PR]

by ScrapHouse | 2012-01-24 18:43 | トライアル
2011年 12月 14日

2012 BETA EVO

本日、2012 BETA EVO 3台同時デビュー
ランドネも合流し、新車祭。
手前から10年型•11年型•12年型が2台

d0236674_2238123.jpg


d0236674_2238227.jpg


エンジンもサスも、まだ渋い。
今日くらいは、コカさないよう無理せず
人間のナラシ中心に〜

重めの左キックには、少し慣れてきましたが、
そう簡単に 思うようには動いてくれません。

まあ…ボチボチと仲良くなっていきましょう。

カッコイイね〜〜〜
[PR]

by ScrapHouse | 2011-12-14 22:11 | トライアル
2011年 12月 13日

お初 新車

ついに…新車を下ろしました〜〜

d0236674_16582144.jpg

[PR]

by ScrapHouse | 2011-12-13 16:55 | トライアル
2011年 12月 07日

一面フカフカ

久しぶりの水曜練習。
落ち葉一面フカフカ。
お天気で気持ちいい。

d0236674_15141064.jpg


今日は、BETAのツインショックで
基本練習〜〜
[PR]

by ScrapHouse | 2011-12-07 15:11 | トライアル
2011年 11月 25日

2011 秋の ONE DAY TRIAL

ネタは新鮮なうちにと思うのですが、
ようやく「ONE DAY TRIAL 参戦記」出来上がりました。

週間天気はずっと雨予報でしたが、
現地では青空と紅葉し始めた山々が出迎えてくれました。

トライアルの世界では カワサキやスズキすら珍しいとは思いますが
今回は1950年代の英国車やホダカ・OSSA・FANTICなど
彩り豊かで楽しいお祭りとなりました。

詳しくはコチラをクリック!

みなさん楽しかったですね。
お疲れさまでした!!

d0236674_17291425.jpg



[PR]

by ScrapHouse | 2011-11-25 17:33 | トライアル
2011年 11月 19日

ペガサスカップ参戦記

ペガサスカップ参戦記 HPにアップしました。
もっと こうすればよかったのかなとか
あそこは、この方法だと足は出ないはずとか
終わってからも いろんな妄想が駆け巡ります。
トライアルは、難しいからおもしろい。
よろしければご覧下さい。

http://www.scrap-house.net/trial5.html

次は20日の「ONE DAY TRIAL」
古いツインショック車両ばかりば集まります。
日曜日は亀岡トライアルランドに集合!!
[PR]

by ScrapHouse | 2011-11-19 02:11 | トライアル
2011年 11月 17日

化粧直し

日曜日の「ONE DAY TRIAL」に向けて
TYの化粧直しをしています。

d0236674_1320446.jpg


何度も投げてるので、すぐにキズだらけ〜

今回は、クラッシック モーターサイクルズの取材も入るそうです。
関係諸氏のみなさま、整備と当時風のコスプレも 抜かりなく!

d0236674_1320680.jpg

[PR]

by ScrapHouse | 2011-11-17 13:07 | トライアル
2011年 11月 07日

最後の猪名川

数々の全日本トライアルのドラマが繰りひろげられたという 「猪名川」
ボクの近畿選手権初観戦も、この猪名川でした。
この場所でのトライアル最後の大会となると聞き

「ペガサスカップ」に参加してきました。

小雨の降りしきる中
猪名川との別れを惜しむかのよう たくさんの方々が集まります。

d0236674_19181964.jpg


現行トライアル車・トレール車・エンデューロレーサー さまざまな車両が集まりますが、
ボクが参戦するのは ツインショッククラス。

前々日、RYOさんのスペシャルなTL200Rが完成し
ボクも負けじとTYをCDI化したり KATOサイレンサーで武装したりして
「HY戦争だ」と気勢をあげたフリをして 出走前の時間を楽しみます。

d0236674_19251279.jpg


午前9時半スタート。10セクションを3ラップ 合計30セクション。
走りはじめると コースをにらんで 自分との静かな戦い。
絶対に足を出してはいけないような クリーンセクションから
今の自分には、どうにも足つきナシでは行けないセクションまで様々。
全体のエリアも広大です。
どうにか 何としても 「クリーン」を狙って 無理して転倒・・・も何度か。
いつも練習していない「動く岩」に翻弄されて転倒も   アリ。
コックOFFのまま セクションINしてしまい痛恨のガス欠まである。

集中力を高めながら、自分の走るラインを頭に描いて
その通り 足つきナシで走れた時の喜び。
3ラップ目にして初めて「クリーン」できた 達成感。
出るはずのない足を出した時の 悔しさ。
同じ場所で 同じような転倒した時の 自分への腹立たしさ。

いろんな思いの交錯した 30ラップ。
途中の雨なんて 全く気にする余裕もなし。
とっても楽しい一日となりました。
最初で最後の「猪名川」を走ることができて大満足。

そして 最後に

d0236674_19403563.jpg

d0236674_1941169.jpg


2位表彰♪ 大人になって初めての盾まで頂きました。
よ~~く見ると 1位のRYOさんとは30点もの大差。 30点って・・・・・・(笑)

スタッフの皆さま どうもありがとうございました。
[PR]

by ScrapHouse | 2011-11-07 19:52 | トライアル
2011年 10月 06日

妄想

現行'06 SHERCO 前回乗ったのは9月9日
しばらくツインショックで遊んでいて 
ほぼ一月ぶり あいにくの雨にも負けず 本日練習。

ツインショックの感覚が残っていた体には 現行は鮮烈。
低重心で軽い・曲がる・止まる。

雨でヌタヌタな状況の中、「バランスの取れる」体の位置を意識しながら
いろいろな場所を試してみる。
「地面に対して垂直」 (正しくは「地球に対して垂直」)という師匠のキーワード。
その本当の意味と どの姿勢が垂直なのかを探る。
登り斜面でハンドルにぶら下がる悪癖は、ほぼ解消されたと思っている。
ところが、登りながらのターンとか 下りからの連続したキャンバー登りになると
途端に怪しくなる。
「遅れる」と単純に思いがち。
では何故遅れるのか?果たして本当に遅れているから行けないのか?
常に動いているオートバイ 垂直は前後左右 常に移動している。
結構な急斜面でも、単純なまっすぐ登りであれば垂直の意識で対応できる。
そこに左右の傾きや 縦の段差 あるいは斜めの段差 
そしてグリップするのか 滑りやすいのか
ほとんどの路面はそんな複合組み合わせ。単純ではない。
「遅れる」というのは 判ってはいるけど 間に合わないって事。
本日、イロイロ試してみて思ったこと。

それは 遅れているわけではなく そもそも判ってないってこと。
登り斜面ターンで行けない場合、ほとんどは オートバイも体もINにはいっている。
遅れているのではなく、垂直になってない。

どんな登りターンでも 偶然か とてもバランスの取れた安定するポイントがある。
それが 垂直になる場所(体の位置)なのだろう。
その位置に 「常に」体を持っていくには どうしたらいいのだろう?
さらに今日は、そのバランスの取れた位置で 左右のステップの加重を変化させてどうなるかも実験。
左右の加重を変えると 当然バランスの取れる感覚も変わる。


考えながら つまずいて
妄想ばかりが 駆け巡る
[PR]

by ScrapHouse | 2011-10-06 01:22 | トライアル