Scrap House Diary

scrapdiary.exblog.jp
ブログトップ

2012年 10月 11日 ( 1 )


2012年 10月 11日

新造CDI 走行テスト

ようやく 走行テストができました。

新造CDIは容量違いのもの2つを用意
ベンチマークとして純正CDIも用意合計3つの比較です。
騒音で高回転まで回すことは出来ていませんが
ガレージでいずれも始動の確認済み。

まず、小さい容量のCDIを装着。
始動後走り出しから ・・・・・。
走行負荷がかかると低速から中速までしか回りません。
とても 使えません。
以前のキック一発でかかって、全く吹けないフィーリングに似ています。

次に容量の大きいCDIを装着。
空ぶかしから 実験一号より よく回るフィーリングです。
・・・が・・・走ってみると パワーバンドの入り口から上が回りません。
ずいぶん良くなった印象ではありますが、とてもレースでは使うことはできません。
コンデンサー3つ式から2つ式も試してみましたが、これもダメ。

最後に純正CDI 
走り出しから 全然違います。トルク感も吹け上がりもすばらしい。
う~~~~んんんん と考え込んだあと
自宅ではできない高回転テストをしていたら いきなり火が飛ばなくなって
あっけなくテストは終了。
虎の子の純正CDIも壊れてしまいました。

新造CDIはもう少し調整が必要です。
ピックアップ部の抵抗値を変えてみるとか
点火時期を変えてみて 様子をみるとか
コンデンサーの容量をさらに上げてみるとか

【そんなに簡単ではありませんね~】 
もう少し頑張ってみます。

さて、ON ANY SANDA 最終戦まで あと10日
出口の見えない調整に賭けるのは 危険なので
ひとまず、以前回路究明用にバラした純正CDI
コイツの抵抗・ダイーオード・サイリスタ・コンデンサーを
一つ一つ新品に置き換えてみることにします。
現行部品による純正CDI回路の復元です。
サイリスタやダイオードの容量?規格?が良く分からないため
成功するか?  やってみないとわからない。

電子実験はまだまだ つづく

不動純正CDI
d0236674_13115069.jpg


新品置き換え中
d0236674_13123172.jpg

[PR]

by ScrapHouse | 2012-10-11 13:15 | VMX