Scrap House Diary

scrapdiary.exblog.jp
ブログトップ

2011年 10月 06日 ( 1 )


2011年 10月 06日

妄想

現行'06 SHERCO 前回乗ったのは9月9日
しばらくツインショックで遊んでいて 
ほぼ一月ぶり あいにくの雨にも負けず 本日練習。

ツインショックの感覚が残っていた体には 現行は鮮烈。
低重心で軽い・曲がる・止まる。

雨でヌタヌタな状況の中、「バランスの取れる」体の位置を意識しながら
いろいろな場所を試してみる。
「地面に対して垂直」 (正しくは「地球に対して垂直」)という師匠のキーワード。
その本当の意味と どの姿勢が垂直なのかを探る。
登り斜面でハンドルにぶら下がる悪癖は、ほぼ解消されたと思っている。
ところが、登りながらのターンとか 下りからの連続したキャンバー登りになると
途端に怪しくなる。
「遅れる」と単純に思いがち。
では何故遅れるのか?果たして本当に遅れているから行けないのか?
常に動いているオートバイ 垂直は前後左右 常に移動している。
結構な急斜面でも、単純なまっすぐ登りであれば垂直の意識で対応できる。
そこに左右の傾きや 縦の段差 あるいは斜めの段差 
そしてグリップするのか 滑りやすいのか
ほとんどの路面はそんな複合組み合わせ。単純ではない。
「遅れる」というのは 判ってはいるけど 間に合わないって事。
本日、イロイロ試してみて思ったこと。

それは 遅れているわけではなく そもそも判ってないってこと。
登り斜面ターンで行けない場合、ほとんどは オートバイも体もINにはいっている。
遅れているのではなく、垂直になってない。

どんな登りターンでも 偶然か とてもバランスの取れた安定するポイントがある。
それが 垂直になる場所(体の位置)なのだろう。
その位置に 「常に」体を持っていくには どうしたらいいのだろう?
さらに今日は、そのバランスの取れた位置で 左右のステップの加重を変化させてどうなるかも実験。
左右の加重を変えると 当然バランスの取れる感覚も変わる。


考えながら つまずいて
妄想ばかりが 駆け巡る
[PR]

by ScrapHouse | 2011-10-06 01:22 | トライアル